maru のサプライズ誕生会第2弾 1章

次は2017年の誕生日ばなし

はーーなんとうちのダンスメンバーは
サプライズ好きなんでしょうか(笑)

特注のBIGBANGケーキは10000円以上のスペシャル!✴
そして、カラオケboxで練習に集まる回数は数えきれず!

9月1日は
決して用事を入れてはいけないお約束で、リーダーmaruちゃんの誕生日は

なにがなんでも空けるべし!

と、MI ちゃんが先頭になって
指揮をとり、みんなとともに
動いてきた一年だったそうな

我らB-maffick ダンスチームは
なんという結束の強いチームなんや!

そこで、
わたしはサプライズ誕生会が終わったすぐ
にこう言ったのです

『みんなーありがとう!めちゃくちゃ嬉しかった~♥ほやけど、来年はメッセージ送るとかラインでおめでとう言うのにしょうね~~🎵みんなわかった?』

『うん、わかった!そうしょう~~』

そんな会話をして安心していた私の裏で
実は密かに…

MI ちゃんは一斉にみんなのところに
水面下でラインを飛ばしていた

『リーダーmaruちゃんあんなん言うてるけど

絶対やりまーす!!皆さんよろしく~♥いぇーい!』

このラインが飛んだのが、なんと
誕生日が終わってすぐのことで
みんながえっへっへっと
たくらんでいるとは露知らずでございました!(ワオー)

そして、次の年2017年になり
また9月1日がやって参りました‼
この日の誕生日も早番お仕事あり

その日、Cちゃんがカラオケに行こーってだいぶ前から誘われていた(^ω^)

Cちゃんとカラオケはひさしぶりやったからルンルンでどこにいく?って
お店を選んでいたら
Cちゃんが選ぶよーってことで
当日車で連れてってくれることに!

カラオケ店に到着🎵🚗

『車停めて来るしー先に降りてて~』

と正面でおろされた

と、そこへお店の店員さんらしい男性が側にきて、こちらへどうぞ!…と
言うてきた 

『あーもう一人いるので待ってます‼』

『あ、先に言ってくださいとのことだったので、先にこちらへどうぞ~⤴』先に通された

じゃあ先に上がるかーと
階段をトントンあがる
お部屋はどこかなー

(丿 ̄ο ̄)丿あれ?

通路に👤人影が…

***次に続く*****

f:id:maru-max:20190826200257j:plain